This Archive : 2011年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うらはら

2011.10.21 *Fri
母のこと、嫌いって思えば思うほどに、

自己嫌悪になっていく。



私は、私のことが好きでいたい。

そのためには、母を好きにならないといけないのかもしれない。

自分に胸を張って生きて行きたい。

他人に優しくなる前に、

身内に優しい人でありたい。


私は裏切られたくないだけ。

それだけ。
スポンサーサイト
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

お腹を触る

2011.10.20 *Thu
今日、私が何気なく立っていると、

近くにいた母が何の断りもなく、

いきなり私のお腹を触った。


「お母さんのお腹と変わらんやん!ハハハー」



私、笑えないんですけど??


実の親子でも、

何の断りもなく、いきなりお腹を触ったりします??


私は、あらためて、

母のこういうところが嫌いなんだって思った。


私の感じ方が間違ってるのかな??
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

しんどー

2011.10.19 *Wed
母が来てから今日で10日目。

いろいろしんどい。

母は、けっこう適当な性格。

掃除も料理も、大雑把。


そんな母をみて育った私は、どっちかいうとキチンとしたい。


そんな私達。



突然ですが、

私は、ご飯をその都度炊くのが電気代がもったいないって思っちゃうんです。

だから、5合一気に炊いて、お茶碗一杯ずつ均等に冷凍。

母にも同じようにしてほしいとお願いしてるのに、

母の冷凍ごはんは量がマチマチだったんです。

しかも、ラップでキレイに包めていない。

細かいことだけど、

気になって、母に言った。

「食べるときに困るから、均等にして。」

って。

そしたら、

「あんたは昔から文句ばっかり。文句があるなら、自分でして。」

って言われた。




私は返す言葉もなく、次から自分ですることにしました。

私が言ったことは、母にとって文句でしかないのかな。

「こうして欲しい」

っていうことを聞き入れてくれない。

「ここを直して欲しい」

って言っても、ごめんの一言もなく、開き直るだけ。



小さいときからそうだったよね。

「お酒飲まないで」

って言っても聞いてくれなかったし、

「部屋を掃除して」「ご飯をちゃんと作って」

って言っても、文句があるなら自分でしろって。

小さい子供は、母が全てなのに、自分で出来るなら自分でしてたよ。。。


母から受けた仕打ちは虐待に値するか分からないけど、

幼稚園のとき、

ずっとお風呂に入らせてもらえず、頭にシラミがわいたこと。

小学校のとき、

学校から帰ってもお酒で酔っぱらい、ご飯を作ってくれなかったこと。

何かあると

「あんたはお父さんがいいんやろ」

て言われ続けてきたこと。


ほどなくして、両親は別居。

私は母と離れ、お父さんと一緒に過ごせて、とても幸せだったけど、

今、その父はこの世にはいない。



今日も色々考えたけど、

母に裏切られ続けてきた私は、

母に心を許すなんて、

母に甘えるなんて、

無理かもしれないって、

許す方法や甘える方法があれば、神様教えてください、

って祈った。



母は、自分が出来ることは精一杯やってきたと自負している。

悪かったなんて、思ってもいないだろう。


母が涙を流し、過去を悔いてくれたら、

私も何か変われるのだろうか。



一人でいると、いつもお腹の赤ちゃんに話しかけるのに、

母といると、お腹の赤ちゃんに話しかけることができない。

母には見せたくない、母としての自分。



赤ちゃんに申し訳ないな。
COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

こむら返り

2011.10.18 *Tue
昨日の朝方、いきなり左のふくらはぎが「こむら返り」を起こして、

寝ているときだったのに、目が覚めて、一人唸ってました。。。


いきなりくる激痛。

トラウマになりそうー。


妊娠に伴う、こむら返りなのか、

運動不足によるものなのか分かりませんが、

もう味わいたくないですー。
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

週末

2011.10.15 *Sat
今日は胎動が弱い。

というより感じないような。。。


大丈夫かなぁ。


昨日の夜はポコポコ動いていたんだけどな。


少し横になってお腹を当ててみる。

やっぱりよく分からない。

そのままの格好でいると、

さっきもお腹丸出しでそのまま寝てしまってた。

お腹冷えたかな。

とにかくちょっと心配。


旦那は仕事に行っているし、

今日は母と2人。

これと言って話すこともない。


私が母に頼るときがあるとすれば、

この世が最後と思ったときかもしれない。


いや、その時にも頼らないかも。


私が母に頼るときがあるとすれば、

なんか自分が終わってしまうような気がする。


なんか、やっぱり私って病気だな。


母は、過去のことなんて、

なんとも思ってないんだろうな。


そして、私はいつまでたっても過去をひきずっている。


もし、母が死んだら、私は今までの自分の恨むのだろうか。

母に全く感謝していないと言えば嘘になる。

少なくとも私をこの世に産んでくれた、たった一人の女性だから。

でも、たった一人の母親だから、

って言えない。

旦那の両親という新しい家族が増えてから、

母親なんて、産んだ産んでないという事実は関係ないんじゃないかって思ってしまう。


これから赤ちゃんを産もうとしている私が、

そんなことを思うなんて、

これから大丈夫なのかな。


でもね、一人でいれば、

旦那といれば、

そんなこと思わないのに。


何があっても、私はこのお腹の中の赤ちゃんのたった一人の母親で、

これからもそれは変わることないし、

私は、この子のたった一人の母親になりたいと思ってる。


そう思ってもらえる母親になれるかな。




正直、出産のときも助産師さんがいてくれれば、それだけでいい。

母親がいたら、きっと調子が狂いそう。

だけど、母はくる気マンマンだ。

「こなくていい」

って言うと、

きっと傷つけてしまうだろう。


私は、良き娘にはなれない。

母が良き母親になれなかったように。


今、私を苦しめているのは、

まぎれもなく「過去」なのに。


素直に今を受け入れられたら、どんなに幸せだろう。


母といると、暗い森に迷い込んでしまったような気持ちになる。

いつまでたっても出口が見えない。

いつまでたっても心が晴れない。


私が母に心から微笑む日がくるのだろうか。

無邪気な子供みたいに、

自分の全てを委ねて、

笑い合える日がくるのだろうか。

そして、私はそれを本当に望んでる??


少し疲れたので、横になります。

なんか暗い日記になっちゃってごめんなさい。
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

退職届

2011.10.12 *Wed
今日は、会社に退職届を出しました。

10月末で辞めるのは伝えてあったのですが、

2週間前までには正式に退職届を出さないといけないので、今日出しておきました。



本音を言えば、もう少し働きたい。

収入がなくなるのはとっても不安です。

県外から嫁いできて、職場が唯一の社会との接点でした。

それがなくなってしまうのも、とっても寂しいです。


だけど、赤ちゃんが産まれるまでの、これからの約3ヶ月。

ゆっくりできるのも、あと3ヶ月。

引っ越しの片付けもロクにしてなかったし、

これから、赤ちゃんを迎えるにあたり、

色々整理していきたいと思います。

これから物が増えるのは確実ですし、いらないものは捨てます!
(もしくはオークション出品)


あと半月。

パートがんばりたいと思います。


ちなみに、母との生活3日目ですが、まだまだ慣れません。。。

今日はちょっと偏頭痛がしてきました。

無理せずマイペースでがんばります。


COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

母が来た

2011.10.11 *Tue
仕事終了まで、あと1ヶ月弱。

母が岡山に来ました。

前に来てくれたときは、私が切迫流産だったので、

何もできなかったから助かったけど、

今回は、安定期になってるし、自分で何でもできるとき。


実は、

私、お父さんとずっと一緒に暮らしてきたから、

お母さんといることに違和感を感じるんです。

実の親子なのに変ですよね。



前にも書いたことあるけど、

子供の時の記憶では、

母に満たされたことがなくて。。。


学校から帰ってきたら、お酒飲んでてフラフラだったり、

家事をきちんとしてくれなかったり、

子供ながらに、母に

「もっとこうして欲しい」

って涙ながらに訴えても、

何かあったら、

「どうせ、あんたはお父さんがいいんやろ」

って言われて、

それ以上、何も言えなくなって。


だから、ずっと母とは心の距離を置いてきたんです。

父の看病も、仕事を言い訳に母はしなかったし。



私は、自分の心の平穏を守るために、

「母に頼る」

ということをせずに今日まで生きてきたんです。

(過去に、頼っても裏切られたりすることが多かったから、
 その時に、傷つくくらいなら最初から頼らないほうがマシって決めたんです)


それが、父が亡くなって、

母は仕事を首になり、再就職もできず、

自分の実家(私の祖父祖母)に住むようになってから、

「田舎はつまらん」

という理由と、

「娘の力になってあげなければ」

という気持ちから、

岡山によく来るようになりました。


多分、産前産後も来てくれると思います。



だけど、私にしてみたら、

親不孝かもしれないけど、

もう今更、母に頼ることってないんです。

あったとしても、もう自分で出来る歳だし、

頼ること自体が難しいんです。

母に頼るってことに、違和感を感じてしまうんです。

ちょっとした心の病気ですよね。

「また裏切られる」

「自分の都合だけにすぎないんじゃないか」

って、いつも心の片隅で考えてしまってるんです。


そして、小さい頃の記憶がフラッシュバックして、

不安になって、

心が乱れてしまうんです。



お腹の赤ちゃんにも、情緒不安定が伝わってしまいそうで。。。



いつもの旦那と2人、赤ちゃんと3人の平穏な暮らしに戻りたい、

ってわがままですよね。


たしかに、一人で何もかもするのは大変だし、

母がいれば、人手にはなるんですが、

それ以上でもそれ以下でもないっていうか。。。



私の心が問題なのは分かってるんだけど、どうしようもできなくて。



母の気持ちは嬉しいし、

素直に受け取ればいいのだけど、

「過去を赦す」

には、まだまだ時間がかかりそうです。


私には、忘れたい自分の過去があって、

その記憶の中に母がいるから。



過去のことなんか忘れて、

今を生きればいいって、

分かってはいるんだけど、

自分のことながら、難しい問題です。



お父さんがいてくれたら、

心のバランスがうまく取れるのかな。



お父さん。

私は、お父さんとお母さんの子供として産まれてきて、

今、

大好きな旦那さんとの大切な命をお腹に授かっているよね。


私の今の幸せな気持ちが、

「母親」としての幸せなら、


母が私にしてきたことは、

愛情だったのか、何だったのか、

頭が混乱して分からなくなる。


愛って難しいのかな。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

妊娠報告その2

2011.10.03 *Mon
昨日の続きです。

あれから数時間後に、友達から返信メールがありました。


その文面には、

「言ってくれたら良かったのに。逆におめでとう」

って書いてありました。


友達の優しさに感謝です。


その子は、自分はベビ待ちに執着してないけど、
(早く欲しいけど、今でも幸せだし、今しかできないことをしようって思ってる)

旦那さんが、早く欲しいって望んでいるみたい。


それもそれで、ツライな。

自分が悪いわけじゃないけど、相手の期待に応えられないことはツライと思う。

私の場合は、旦那がノー天気だから救われてた部分もあったから。
(協力して欲しいって思うときもあったけど)

夫婦って上手いことバランスが取れているもんなんでしょうかね。




それでも、赤ちゃんを望んでない夫婦なんていないと思うから、

ベビ待ちをしている全ての人に、

かわいい赤ちゃんが来てくれますように。。。


そう願わずにはいられません。


COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

友達への妊娠報告

2011.10.02 *Sun
今日、昔からの友達に妊娠報告をしました。

その子は、結婚して一度授かったのに流産しちゃったみたいで。。。

今もベビ待ちをしています。

そのことを知ってるから、軽い気持ちで妊娠報告できなかったんです。


今日は、その子の誕生日。

あめでとうメールと一緒に妊娠報告もしました。

私的には、あまり感情的なメールにならないように気をつけたつもりだし、

友達の妊娠報告を心待ちにしてる旨を伝えました。

どんな気持ちで受け取ってくれたのかな。。。

色々考えちゃいます。


誕生日って、自分にとって幸せな時なのに、

私の妊娠報告で、ツライ気持ちにさせてないかな?

考え過ぎかな。



だけど、このときを逃したら、

お正月になっちゃうと思って、それはあまりにも遅すぎて失礼かも、

っと思い、今日報告しました。


。。。タイミング悪かったかな。。。


私の考え過ぎかな。


でも、堂々と「流産しちゃったけど、ベビ待ちしてます!」

って言える友達はすごいと思います。

私なら、強がって言えないかもしれない。


どうか、

友達をはじめ、ベビ待ちをしている皆さんの願いが叶いますように。


そして、

私の所に来てくれた命を何があっても守っていきたいと強く思いました。

COMMENT : 0
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

妊婦検診~20週~

2011.10.01 *Sat
今日は、妊婦検診に行ってきました。

今まで行ってた病院は、入院設備がないので、最後までは診れないとのことでしたので、

産院での初めての検診です。


産院に入った瞬間の第一印象。


「騒がしい」


でした。

やはり妊婦さんが多く、

子供連れの方も多く、

キッズルームもあって、

雰囲気はいいんですが、

とにかく、騒がしかったです。

(不快というわけじゃなく、今までの病院の待合室のイメージとは違うものでした)


そんな中で待つ事1時間半。

いよいよ検診。

事前に行っていた尿検査は異常ありませんでした。

が、体重が1ヶ月で2キロ増!!
(妊娠当初から、4キロ増)

まぁギリギリセーフですねって言われたけど、

次から気をつけないとな~。


さて、

肝心の赤ちゃんですが、

20週2日で

BPD(頭):4.83センチ(20w5d相当)
FL(足):2.99センチ(19w4d相当)
体重が、300グラム

と、順調に大きくなってくれているようです。


足が短いのが気になる。。。


けど、先生は何も言わなかったので、気にしないようにしたいと思います。

そして、男の子確定!!

名前もボチボチ考えないとね。



次の検診は4週間後。

それまで長いけど、

今はお腹の中でポコポコ生きてる実感があるので、

毎日確認しながら過ごしていきたいと思います☆
COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 妊娠6ヶ月

プロフィール

よもこ

Author:よもこ
父の食道ガンとの戦いを終え、地元を離れ、平成22年11月に入籍しました。
平成23年6月に妊娠していることが分かり、初めてのことにとまどいながらも嬉しさでいっぱいです。



カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



カテゴリ

初めまして (2)
未分類 (0)
料理 (4)
結婚まで (29)
私のコト (1)
2人のこと (7)
日常 (25)
仕事のコト (4)
グルメ (3)
美容 (1)
病院 (2)
ひとりごと (4)
会えた日 (8)
ライブ (2)
家族のこと (3)
父の病気のこと (65)
父がいなくなって~ (15)
叔母のこと (2)
妊娠 (1)
妊娠2ヶ月 (9)
妊娠3ヶ月 (2)
妊娠4ヶ月 (11)
妊娠5ヶ月 (12)
妊娠6ヶ月 (11)
妊娠7ヶ月 (2)
妊娠8 (0)
妊娠8ヶ月 (2)
妊娠9ヶ月 (2)
妊娠10ヶ月 (9)
生後0ヶ月 (2)
生後1ヶ月 (1)
多指症 (3)
第2子妊娠 (3)
第2子 (1)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 崖っぷち三十路の実りまでの道のり All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。