スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言ってはいけない言葉

2009.11.15 *Sun
今の状態を彼にも知っておいてもらいたくて、
外で電話をしました。
家だとお父さんに内容を知られてしまうから。。。


そして、前の日記で書いてあることを彼に話しました。

・最後の退院になるかもしれないこと。
・余命が半年と言われたこと。
・余命宣告については、私しか知らないが、時期を見てお父さんには伝えようと思っていること。


私の話し方がいけなかったのでしょうか。


彼から、

「よもこは淡白すぎる」

「余命のことも、本人に言わないほうがいいんじゃないか?
 自分だったら知りたくない」

「よもこは、物事を事務的に進めすぎ」

「ちゃんとよく考えてから決めろ」

「まるで血の通っていないロボットみたいだ」




みたいなことを言われました。




私は、なんか頭にきてしまいました。

うまく言えないけど、

私だって、本当は悲しいし、やりきれないけど、

今、私しかいないし、

頼れるのは自分自身だけだし、

ここで、感傷的になって、

自分を見失って、どうなるっていうの?

誰が私を救ってくれるの?

お父さんの前じゃ泣けないじゃない。

私は、こうするしかないのに。

なんで彼はわかってくれないんだろう。

どうして、もっと広い心で受け止めてくれないんだろう。






そんな色んな気持ちが交錯して、
私は言ってはいけないことを言ってしまいました。





「彼のお母さんが反対しているせいで、結局、夢を叶えてあげられないじゃない」


「こうなってしまった以上、事務的になるしかないじゃない。
本当は、お父さんに花嫁姿を見せてあげたかった。
予定どおり11月に式が挙げられたら、こんなことにならなかった。
そんな気持ちを押し殺して、私は○○○(彼の名前)に接してきたのに、
それを、事務的だの、ロボットみたいだの言われたくない!
人の心がないのはどっちのほうよ!!」





。。。。。




私も本当は、こんなこと言いたくなかった。

だけど、今の状況に自暴自棄になって、

彼の態度に、彼の言葉に必要以上に敏感になって。。。



なんで?

なんで、こんなことになっちゃうんだろう。。。


一番優しくしたい人に、一番辛くあたってしまう。。。


少し休んだほうがいいのかな。。。



スポンサーサイト
COMMENT : 5
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 結婚まで

COMMENT

はじめまして…
もよこさんへ

初めてコメントさせていただきます☆
私は先月、母(乳がん、60歳)を見送ったものです。

今、とてもつらいですね…お察しします。
うちの母は末期がんだったのですが、低空飛行ながらずっと安定していて予後がよくも悪くも読めませんでした。そして亡くなる1ヶ月前に急変して、いきなりもうもちません…とお医者さんに言われた時には、まったく気持ちが追いつきませんでした。
とはいえ、自宅で看取ることにしたのでとにかく必死の毎日で、心はおきざりになってしまいました。(今その反動がきていたりします(*_*))

今思うと、私はものわかりよく何とか受け止めようとしたけど…母に聴こえないようになら、もっと泣いて取り乱してもよかった、と思ってたりします。

本当は彼に言いたいことがたくさんあるんですよね。
がまんしてたことや、悲しいことや、もっとわかってもらいたいことや…。
直接会ってお話できるといいですね。

じつは私もいろいろあって、一回入籍を白紙にした彼と、母が旅立つ一週間前に籍を入れました。母がギリギリ字がかけるときに、保証人欄にサインをしてもらって…。

他人事とは思えず、長々と書いてしまい失礼しました。

2009/11/16(月) 01:11:35 | URL | かずみん #- [Edit
ごめんなさい
↑でコメントを入れさせていただいたものです(T_T)

よもこさん をもよこさんと誤って書いちゃいました。本当にゴメンナサイ。
2009/11/16(月) 01:18:38 | URL | かずみん #- [Edit
よもこさん、大変おつらいですね・・・。
実はたびたびブログを訪れていたのですが、
どのようにお声掛けしていいものかと悩み
いつも読むだけになってしまってました。

彼に、このブログの全てを見せてあげたいです。
よもこさんの日記を読んでいると、よもこさん
がどんなに彼を大切にしていて、そしてお父様
を愛していらっしゃるか痛いほどわかります。

彼を頼りにしたい気持ちがありつつも、彼に
頼ってばかりいられないと、セーブする気持ち
がどこかにあって、よもこさんが彼に悲しみや
辛さをさらけ出せない部分があるのだろう・・・
と推察しますが、いかがでしょう。

人はひとりでは生きてはいけません。
よもこさん、どうか頑張りすぎないで・・・。
お仕事もあって、大変なことと思います。
よもこさんの心と身体が心配です。

弟さんには話したのでしょうか。
弟さんにも、きちんと現実を受け止めてもらった
上で、兄弟で支え合えたらいいですね。

彼に話す時、どうしても事務的になってしまう
のは、よもこさんが気持ちを一生懸命自制して
話しているからですね。
私も3人兄弟の一番上で、誰かに甘えるのが
下手なので、なんとなく分かります。

彼に、よもこさんを支えてくれる器があると
思うなら、よもこさんの苦しみを一度打ち明け
られたらと思います。
今までそうやって誰かに手放しで頼ったことが
ないと、とても勇気がいることかもしれませんが、
それでも、お父様のご病状のことも考えると
手放しでよっかかれる場所がどうしても必要
だと思います。
それが彼であってほしいと思います。

お父様のご兄弟やご親戚なんかにも、頼って、
よもこさんだけが1人抱え込んで、一人ぼっちな
気持ちになることだけはないようにと思います。

ブログにも、いっぱい吐き出してください。
1人で闘わないで・・・、彼にも言わないと
分からないことがたくさんあるし、言わないと
いけない気持ちがたくさんあると、よもこさんも
思っていらっしゃるのではないかな?

彼も、もっとよもこさんの気持ちを察して
くれたらいいのにね・・・。

ずっと応援しています。
2009/11/16(月) 16:49:17 | URL | うめやん #CDz0IMH. [Edit
>>かずみんさん
初めまして。
コメントありがとうございます。
かずみんさんも、大変な思いをされてきたのですね。。。
同時に、ご結婚されたとこと、おめでとうございます。
お母様の死を乗り越えて、かずみんさんの今があることにとても勇気づけられます。
私は、「人の死」というものに、直接接してきたことがありません。
お葬式に顔を出す程度で。。。
お見舞いといっても、病状のいい時ですもんね。。。
今後、精神的にどうなるか自分でも分かりません。
今まで父と2人で暮らしてきたため、親に心配をかけたくないという気持ちから、かずみんさんと同じように「もの分かりのいい自分」を持て余している状態です。
もっと泣けば、もっと助けを求めれば、
もっと取り乱せば、いろんな気持ちを吐き出せるのかもしれないけど、それができないんです。。。
なんでだろう。
一人になると泣けるのに、誰かの前では泣けない私です。

かずみんさんも、今その反動がきているということですが、どうか無理をなさらず、少しずつ気持ちを消化していってください。
大きな氷も時間をかければ少しずつ溶けて、キレイな水となって流れていきます。
(ちょっとクサイ台詞みたいになってしまいましたが)
これからも、よろしくお願いします。
無理せずいきましょう。。。
2009/11/22(日) 19:05:46 | URL | よもこ #- [Edit
>>うめやんさん
コメントありがとう。
こないだうめやんさんのブログに遊びに行った時に、結婚式の写真を拝見しました。
とても綺麗でした!
とても素敵でした!
コメント残せずにごめんなさいね。
また遊びに行くので、よろしくお願いします☆

今は弟も仕事の合間を見て(お昼休憩のときに)、
家に来てくれています。
…といっても昼寝しに帰ってきているという(汗)
まぁ朝が早い仕事なので仕方がないですが。。。
それでも、お父さんと一緒にいてくれるということは、仕事で家を空けている私にとっては、とても嬉しいし、やっぱり安心感もあります。
今日の夜も泊まりにきてくれます。
なので、22時くらいからになりますが、私は愛媛に帰ってきた彼と会うことができるようになりました。
多分、少しの時間しか一緒にいられないけど、それでも嬉しいです。
彼にも自分の気持ちをなるべく吐き出していこうと思います。
彼の前で強がったって仕方ないですもんね。
それで受け止めてくれなかったら、「それまでの男」と思うようにします(苦笑)

今の私の精神状態は、決していいとは言えない状態だと思います。
自分でも分かります。
だけど、どうしていいか分からないんです。
昔からそうなんですけど。。。
だけど、ブログで気持ちを書くことは、「誰かに悩みを相談できない私」にとっては、とても大きな意味があると思います。
いつもダークな内容でごめんなさいね。
いつか楽しい内容も書いていきたいと思うのだけど。。。
これからも、どうか宜しくお願いします。
いつもありがとう。
2009/11/22(日) 19:20:16 | URL | よもこ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

よもこ

Author:よもこ
父の食道ガンとの戦いを終え、地元を離れ、平成22年11月に入籍しました。
平成23年6月に妊娠していることが分かり、初めてのことにとまどいながらも嬉しさでいっぱいです。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



カテゴリ

初めまして (2)
未分類 (0)
料理 (4)
結婚まで (29)
私のコト (1)
2人のこと (7)
日常 (25)
仕事のコト (4)
グルメ (3)
美容 (1)
病院 (2)
ひとりごと (4)
会えた日 (8)
ライブ (2)
家族のこと (3)
父の病気のこと (65)
父がいなくなって~ (15)
叔母のこと (2)
妊娠 (1)
妊娠2ヶ月 (9)
妊娠3ヶ月 (2)
妊娠4ヶ月 (11)
妊娠5ヶ月 (12)
妊娠6ヶ月 (11)
妊娠7ヶ月 (2)
妊娠8 (0)
妊娠8ヶ月 (2)
妊娠9ヶ月 (2)
妊娠10ヶ月 (9)
生後0ヶ月 (2)
生後1ヶ月 (1)
多指症 (3)
第2子妊娠 (3)
第2子 (1)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 崖っぷち三十路の実りまでの道のり All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。