スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別居中の母

2010.03.09 *Tue
昨日、別居中の母親から電話があって、
先週のお父さんの50日祭の日に仕事を辞めたという。
再就職先もなくて、
不安で、眠れなくて、食べれなくて、吐き気がして、動悸がして。。。
うつ病かもしれん。。。
って。

仕事を辞めた理由も、
50日祭なので休みをくださいとバイト先に行ったら、
忙しいから休むのは無理。
と言われ、
そしたらお昼から行きます
と行ったけど、結局バタバタして、夕方くらいに行ったら、
店長の機嫌が悪く、ケンカして辞めてきたみたいな。。。

なんか読みにくい内容ですみません。

母親は、お父さんが病気のときも、
仕事があるからと言って、なかなかお父さんや私に会いにきてくれなかったし、
昔から、掃除や料理もまともにしてもらったことないし、
好き勝手に生きてきた人です。

仕事を辞めさせられて、
収入が見込めず、
これから先が不安になって、
うつ病。。。
保険に入ってないから病院にも行けないって。
私にどうしろと言うの?


「一緒に住まない?」

母はこう言った。
少し前に、私は母に同じことを言った。
「お父さんがいなくなって淋しいのもあるし、
 一緒に住めば、経済的にも楽だし、一緒に住まない?」
少なからず母のことを思ってのことだった。
だけど、母はこう言った。

「引越しがめんどくさいし、一人が楽だから嫌。」


昔からそうだった。
求めても、突き返されるだけ。
最初から望んじゃいけないんだ。
だから、さほど傷つくこともなかった。
私ももう大人だもん。
今までもこれからも生きていける。

そう思って、今まで自分を保ってきた。
お父さんがいなくなっても、
お父さんは、私の中で永遠に生きているから、
いつでも会えるから、
淋しくなんかないって。

母からの
「一緒に住まない?」
の返事はまだしていない。

これから、結婚も控えているのに。
お父さんが果たせなかった顔合わせもこれからなのに。
なんで、なんで、
今になって仕事を辞めたりするの?
私を困らせたりするの?

こんなこと思う私、冷たいって思うでしょう?

母には昔から傷つけられてきた。
掃除も洗濯もまともにしてくれなかった。
学校から帰ったら、いつもお酒を飲んで酔っ払っていた。
都合の良いときだけ母親になった。
そして、私が甘えると突き放した。
全部、自分の都合だけ。
信じるという気持ちを何度も何度も踏みにじられた。

これから先、どうなるんだろう。

「一緒に住んでもいいよ」
いつか、そう言ってしまうのだろう。
なんとなく、そう思う。
そして、また私は母に傷つけられるのだろう。
裏切られるのだろう。


もう、あんな思い二度としたくないのに。
私は私の人生。
もう過去に傷つけられることはない。
そう思いたいのに。
母といるときは、
私の中の満たされなかった子供が顔を出す。

その子供は、いつまでたっても泣き虫で、
淋しがりやで、臆病で、震えている。

もうこれ以上、悲しい思いはしたくない。




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村    いつもありがとうございます



スポンサーサイト
COMMENT : 8
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 家族のこと

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/10(水) 14:15:23 | | # [Edit
幸せになってくださいよ。
初めまして。
今までずっと読んできましたが、まるで昼ドラのようですね。私はどちらかといえば、あなたのお父様と年が近い年配物です。

あなたはとても心が優しい方とお見受けしますが、そろそろ自分が幸せになるためだけに行動したほうがよろしいかとおもいます。

今までこじれてきた彼とのことも、あと少しで纏まりそうなのに、それでも母と呼ぶに足らないような人間と住む道を選びますか?
血のつながりはあれど、今までされてきたことと、一緒に住み、生活を共にすることでこれから背負うであろう苦労を考えれば、どうするべきかは明白かと思います。
子供のころの満たされない思いは、彼や周りのまともな人間に満たしてもらいなさいな。

そしてなにより、誰よりもあなたの幸せを望んでいるのは、天国に居るお父様なのでは?
2010/03/10(水) 14:56:55 | URL | ハジメ #J/otMXRA [Edit
お父様のことを乗り越えてこれからお父様の分も幸せになろうとしているよもこさん、なぜこうもまた現実はよもこさんを悩ませるのでしょうか・・・。よもこさんは、本当はお母様に愛してほしいのですよね、子供なら誰だってそうだと思います。何歳になっても。子供の時からお母様から愛情というものを感じとることが出来なかったのはとても悲しいですね、けれどずっとよもこさんのブログを読んできて、本当に純粋でまっすぐな方だな、と感じておりました。お父様のおかげですね。お父様もよもこさんも立派です。お父様がいなくなって、「一緒に住まない?」と言ったよもこさんはお母様のことを思ってもあるし、やっぱりどこかでお母様に親らしい愛情を求めていたのでしょうか、けれどそれを一言で断り、なおかつお仕事を辞めてしまったから一緒に住みたいと言われれば、誰だって、なんなんだって思いますよね、私はどちらがいいかとかよもこさん自身の立場ではないので言えないですが、とりあえず彼の事を第一に考えてもバチは当たらないと思います。結婚して幸せになって、お父様にその報告をしてから考えても遅くはないと思います。彼の意見もあるでしょうし。ゆっくり考えて下さい。
2010/03/10(水) 20:52:45 | URL | ニコ #8rL0JLi. [Edit
Re: タイトルなし
>>ゆきさん
お久し振りです。
元気にしていたようで何よりです。
嬉しいニュースも聞けてよかった!
ブログはもう辞めたのかなぁって思っていたから、
淋しく感じていました。
でも、本当よかった。
おめでとうございます。
私も、色々あったし、これからも色々ありそうだけど、
がんばっています。
親子はいつまでたっても親子だし、
それが絆だけど、
親子だからこそ、
悲しい思いや、つらい思いをするのも確かです。
他人なら分かり合えなくても仕方ないと思えることも、
親子だからこそ、理解してもらえないときの悲しさは深いと思います。
むずかしいですね。
ゆきさんの幸せを願っています。
私もがんばります。
これからもよろしくお願いします。
2010/03/10(水) 21:54:25 | URL | よもこ #- [Edit
Re: 幸せになってくださいよ。
>>ハジメさん
コメントありがとうございます。
いろいろありすぎて、、、
本当に私の人生は「昼ドラ」以上かもしれません。。。
私の幸せがお父さんの幸せだと思っているから、
そのことを第一に考えていきたいと思っています。
貴重なご意見ありがとうございます。
2010/03/10(水) 21:59:00 | URL | よもこ #- [Edit
Re: タイトルなし
>>ニコさん
コメントありがとう。
いろいろあって大変だよ。。。
だけど、「うつ」の気持ちが分かるから、
母の気持ちもないがしろにできなくて。。。
かと言って、自分の人生を犠牲にしてまで。。。とは正直考えられません。
きっとお父さんも望んでないし、
親であれば、自分の子供の幸せを願うものでしょう?
母にも、そういう気持ちがあると信じて。。。
ゆっくり考えていきます。
ありがとう。。。
2010/03/10(水) 22:02:19 | URL | よもこ #- [Edit
お母様のお気持ちも分かる部分があります。私も娘に冷たくすることがあるので。娘六歳。
気持ちに余裕が無いと叱ってしまい反省の日々。
ただ、あなたのお母様の分からない部分は我が子に愛情を注がなかったこと。
お母様自身が永遠に子供なんでしょう。すみません。
そんな人生を生きてきたあなた。よくぞこんなに優しい女性になりました。ありがとうと言いたい。
きっとあなたは幸せな家庭を作れると思います。
2010/03/10(水) 23:31:44 | URL | popo #bS2qfkmQ [Edit
よもこさん、こういう時こそ、彼に相談してください(^^)
お母様のことは、今は一緒に住まなくても後でフォローができるでしょうが、彼との結婚のお話はタイミングが重要です。
二人で足場を固めてから、夫となる人と相談をして、お母様への対応を考えられてはどうでしょう。
私には、よもこさんがまず一番最初にすべきことは、心から信頼できる相手に支えになってもらえる環境を整えることだと思えてなりません。
よもこさんはまだ悲しみの渦中にありますし、お母様のうつのことよりも、よもこさん自身が精神的なケアを必要とされている段階のように思います。
今、お母様のことまで抱え込むのは、無理があるように、私などには思えます。
よもこさんには、もうしばらくは、無理して欲しくないです。
誰かのためじゃなく、自分の幸せを追求してほしいです。
ご自分が幸せになって、生活が落ち着いて、余裕ができてから、お母様を助けてあげられると思ったら、それから手を差し伸べるようにしても、決して遅くはないと思います。
とっても優しいよもこさん、どうか、ご自分にも優しくしてあげてください。
誰かを幸せにしたいと思ったら、まず自分が幸せでないといけないという原理は、本当だと思います。
お母様のことは、後回しにしてでも、まず、ご自分を幸せにしてあげてください(^^)
2010/03/11(木) 08:35:53 | URL | うめやん #r.Ra6CSg [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

よもこ

Author:よもこ
父の食道ガンとの戦いを終え、地元を離れ、平成22年11月に入籍しました。
平成23年6月に妊娠していることが分かり、初めてのことにとまどいながらも嬉しさでいっぱいです。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



カテゴリ

初めまして (2)
未分類 (0)
料理 (4)
結婚まで (29)
私のコト (1)
2人のこと (7)
日常 (25)
仕事のコト (4)
グルメ (3)
美容 (1)
病院 (2)
ひとりごと (4)
会えた日 (8)
ライブ (2)
家族のこと (3)
父の病気のこと (65)
父がいなくなって~ (15)
叔母のこと (2)
妊娠 (1)
妊娠2ヶ月 (9)
妊娠3ヶ月 (2)
妊娠4ヶ月 (11)
妊娠5ヶ月 (12)
妊娠6ヶ月 (11)
妊娠7ヶ月 (2)
妊娠8 (0)
妊娠8ヶ月 (2)
妊娠9ヶ月 (2)
妊娠10ヶ月 (9)
生後0ヶ月 (2)
生後1ヶ月 (1)
多指症 (3)
第2子妊娠 (3)
第2子 (1)



最新コメント



月別アーカイブ



FC2カウンター



人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言



リンク

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 崖っぷち三十路の実りまでの道のり All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。